あいさつ

学校長より

 奥多摩町は、東京都の最西端に位置し、町全域が秩父多摩甲斐国立公園内です。面積は225.53平方㎞と全都の一割を占め、その94%が森林、巨樹数は全国一と言われています。町内には、東京都の最高峰である2017mの雲取山を始め、三頭山、御前山、川乗山など、人気の高い山が多くあります。

 町の西から東へは多摩川が貫流しており、カヌーやラフティングなどを楽しむ観光客も多くいます。動植物の種類も豊富で、動物ではサルやシカ、イノシシ、タヌキ、テン、カモシカ等の他多数、植物も、ニリンソウ、カタクリ、ミツバツツジ、ユキノシタ等の他、数多く見られます。特産物としては、ワサビやシイタケ、奥多摩やまめ等があります。

 これらの自然を生かして、古里小学校では、ワサビの植え付けや収穫、シイタケ栽培、山登り遠足など、奥多摩ならではの体験学習を行っています。子供たちには、この豊かな自然を十分に味わいながら伸び伸びと学習し、自分たちの故郷である奥多摩を、誇りに思う人間になってほしいと思っています。

 本校の教育につきましては、学校経営計画及び学校経営計画【概要】をご覧ください。

 


 ・令和2年度_学校経営計画(pdfファイル)


 ・令和2年度_学校経営計画【概要】(pdfファイル)

 

 

奥多摩イメージキャラクター「わさぴー」

校長 拝原 茂行